精神科

借家か購入か、精神医学の観点から

 マイホームを買うか、借家にするか。  周りの医師を見ると、大学病院のころは転勤が伴うために買わず、大学を出て民間に就職するころに家やマンションを購入している人が多いです。これは企業でも同じようなことが言えるのではないでしょうか。 ...
産業保健

2020熱中症対策

 マスクを着用していると非常に暑いです。4-5月分の作業遅れを取り戻そうと、建築現場が急ピッチで作業が行われているものの、猛暑日で流石に作業を避けた方がよい日が続きます。  学校現場でも集団熱中症で搬送されるなど、無理に日程...
ニュース

固定観念を捨てる

 巨人の野手が投手をやったことで、ネット上で議論になっています。  この手の議論で思うのは、ルールブックの中で問題がなければ、この選手起用は問題ないかと思います。  現在コロナ感染の問題で、いつ誰が離脱するか分からない。遠征先...
精神科

ゴールから治療戦略を考える

 精神疾患の方の地域生活を支援する中で、問題になるのは何でしょうか。  関係付けと衛生の問題がよく挙げられており、精神科の薬物療法でターゲットになる幻覚・妄想や興奮状態はその次の問題になることが多いです。 抗精神病薬の標的 ...
産業保健

職場で密になりやすい場所

 3密、WHOでは3Cと呼ぶようですが、「密集・密接・密閉」をいかに避けるかが集団発生を避けることにつながります。  普段の生活では町会やマンションの自治会も自粛しているところが多く、日常生活ではカラオケ喫茶以外は目立ってい...
産業保健

濃厚接触者の定義

 感染が東京だけでも連日200人以上おり、無症候者や軽症で病院受診するレベルでない人はそれ以上に増えていることが予想されています。PCR検査を受けた、という人をちらほら聞く中で、濃厚接触者はどこまでの人を指すのか、という質問が出て...
精神科

家族介入も治療のヒントに

 精神不調に陥ったあと、回復しても悪化を繰り返すのは、同じような問題が生じたときに同じ対応を取ってしまい、同じトラブルを繰り返す、ということが原因です。  SSRIの登場からうつの回復は早くなりました。ただ、薬物療法の比重が...
産業保健

遠隔リワーク後の評価の仕方

 リワーク支援もリモート利用や併用した上で修了した方の復帰準備を行うケースがそろそろ増えてきます。  企業も自粛、リワークも対面のリスクをなるべく避けることで、実施されるプログラムや課題が以前と異なってきている気がします。  ...
精神科

イソジンの問題

 「イソジンが新型コロナに効くんだって」  テレビの力は大きい。速報で出た大阪の会見の情報が即座に診察で話題に出てきます。ただ、今回のような発信はエビデンスもなく大衆の不安を煽る、不適切な購買行動に走らせないかと考えると非常...
産業保健

コロナ不安での失踪

 新型コロナウイルスは後遺症も論文が出てきたため、感染すると厄介なことがわかってきました。とにかく無理をしない。  会社にいると感染に対する不安から在宅を継続したい、外出が怖い、という人が少なくありません。感染への不安から遁...
タイトルとURLをコピーしました