こじらう

産業保健

ウロウロするのは発達の問題なのか①

私立中学受験の過熱ぶりを見ていると、公立教育での問題も影響しているように感じます。ここ数年の受験はコロナの影響で学校単位で迅速に動いた私立と、市区町村や都道府県単位で動きを統一させようとして動けなかった公立の差が出ているように感じます。  ...
ニュース

「脳外科医竹田くん」から学ぶ組織論

ネット上で「脳外科医竹田くん」というマンガが流行っているようです。  実在に近いもののようで、未熟な技術は人を不幸にするということを考えさせられます。  医師という立場からすると、謙虚な姿勢、常に学ぶ意欲など、人として何かが欠けていると人を...
産業保健

若い社員に対する話の聞き方・受け止め方

若い人への教育の方法をどうすればよいか悩む上司の方の相談が時々あります。  最近の管理教育は整備されている企業が大多数であり、パワーハラスメント対策はしっかり教えられており、圧力をかける伝え方はダメ、などべからず集はどこの会社でもできている...
職場復帰

復帰時の異動希望は出した方がいいのか、意見は通るのか

復職希望の際に異動希望を伝えてくるケースがありますが、実際に通るのでしょうか。 職場復帰の原則:現部署での復帰  多くの企業では上記の通り、現部署での復帰を原則としています。復帰時の面談ではたいていこのように言われるので、現部署での復帰を想...
産業保健

発達障害と業務遂行の工夫

発達障害では、と健康管理室に相談が来る機会が増えています。保健所などの相談機関でも増えている印象です。ではあるものの、受け皿はなかなか増えていない状況です。既存の医療機関では現在の患者さんの受け入れで精一杯で、新規に開業するクリニックが発達...
精神科

五月病対策-上司・周囲は何をすればよいか-

五月病とは医師があまり関与しなくていいのではないか…という気もしますが、長期化することで引きこもりや士気低下につながるため、なるべく早めに周囲は対応したいものです。 疾病分類  五月病はICDやDSMなどの疾病分類には載っていませんが、疾病...
職場復帰

行動と知識

職場復帰に向けて準備をする際、産業医面談が多い企業では面談のたびに何が足りないのかを確認していきます。嘱託で勤務する職場では面談を実施する機会が1回となるため、事前準備をきちんと行う必要があります。  「きちんと」とはどういうことでしょうか...
精神科

新型コロナウイルスとメンタルヘルスと別居

夫婦関係は非常に難しく、何が正しいのかは夫婦で決めてもらわないといけませんが、コロナによりメンタルヘルスや別居・離婚の問題や相談が増えている気がします。  夫婦間の関係はべったり仲良くが必ずよいとは限らず、距離を取って過ごすのが幸せなことも...
ニュース

市立小中学校のエアコンの事件を考える

このニュースの背景が気になります。熱中症対策は大事なので、エアコン導入は賛成ですが。  チラシ配布したら処分された先生の話  市立全中学校の美術室に、ということですが、他の音楽室や体育館などにはあって美術室に設置してないから動いたのか、音楽...
精神科

問題のふたを開ける、ふたを閉める

精神科に携わると、問題の深さや自分の技量によってふたを開けるか閉めるかの戦略を立てていきます。  臨床心理士はふたを開けることをできる先生もいますが、普段の外来診療では時間もない、問題をすべて引き受けられるかを考えなければならず、ふたを閉め...