産業保健

産業保健

仕事での不安回避に対する配慮

 「うつに優しく」という言葉があるものの、現場全体への配慮がないと周囲は押し付けられたと感じるかもしれません。 仕事での配慮は合理的であり、検討可能かどうか、契約内容を含めて不安回避への配慮は検討されます。すべて配慮は難しいと思います。 ...
産業保健

福利厚生でできるストレス対策

 起業準備していると、何が経費になるかということに目がいってしまいます。 今の私がまさにそれです。  会社の福利厚生は住宅補助が徐々に削られてしまい、2010年代以降はもらっておりません。大手だと残っているものの、恩恵は昔と比べて少...
産業保健

感染者の待機期間短縮と会社対応の考え方

 感染者の待機期間が10日間から7日間に短縮されます。仕事をしている人で重症化していない場合は早く復帰することは歓迎されることでもありますが、会社はどう動けばいいでしょうか。 科学的根拠は?  症状が軽症に至らない方や無症状の...
産業保健

感染対策の見直し:どこを緩めどこを継続するか

今すぐやめたい5つのコロナ対策 新型コロナ:行動制限の緩和が進む中、私たち一人ひとりの感染対策の考え方はどうあるべきか?  東京都の感染者数が減り始めており、今回のピークを越えてきた印象があります。感染が落ち着いている間に研修...
産業保健

テレワーク時のカメラ使用

 会社よって今の在宅、出勤の対応は分かれてきています。  「出勤の方が業務効率が良いのではないか」  このような発言も経営層の人から聞かれることもあり、テレワークを進める中で出勤に近い環境を作ろうと常時カメラをつけるのはどうか...
産業保健

感染後出勤判断のためのPCRは必要か

 感染が爆発しており、感染後職場復帰のタイミングに入っている人も多くなっています。  会社によっては出勤前に抗原検査やPCR検査を行ってから出勤するようにと言われているようです。陽性になり自宅待機期間終了しているのにいつまでたっても...
産業保健

発達障害を職場にどう伝えるか

 「発達障害と診断された。首になっちゃうのではないか。」 「障がい者手帳を取得すると業務内容に制限がかかるのでは」 「上司や関係者にはどう伝えればよいのだろうか」  発達障害をめぐる問題はさまざまです。芸能人が病名を公表すると、それ...
産業保健

クラスター追跡と一般企業での対応

 2022年7月に入り、感染者が急増しています。ワクチン3回目を打った医療関係者の同僚も「動くのがつらい」「かかってはいけない病気だ」とSNSで苦しさを伝えてきており、改めて「ただの風邪ではない」ことを感じさせられます。後遺症の問題もある...
産業保健

仲介業者とは

 派遣業というのは本当に必要な仕事なのか?虚業ではないかと最近は考えることが増えました。医師の派遣は禁止されていますが、医師の紹介業者というのは増えており、そこの質を考えてみます。  私自身の転職にも紹介業者を利用していましたが、自...
産業保健

「職場ガチャ」に対する考え方

 新人が研修を終わると各現場に配属されますが、配属が決まった時点で辞めてしまうこともしばしばみられます。  身体不調となって健康相談に来る人の中には、配属への不満が根底にあるケースも少なくありません。配属で不調に陥った、「職場ガチャ...
タイトルとURLをコピーしました