産業保健

産業保健

テレワークうつを考える

 関東圏はここ数日で電車の込み具合が半端なくなってきました。感染者数は減少傾向ではあるものの、安全とはとても言い切れない状態です。飲み会はやはり論外です。  テレワークうつという言葉が叫ばれているものの、電車の込み具合から考えればテ...
産業保健

食中毒

 新型コロナウイルス感染症、特にデルタ株の蔓延で手洗いの手技は徹底されているものの、食中毒は減っていないようです。日本医師会でも感染者数が減っていないことで日医ニュースでも取り上げています。食事の配送やテイクアウト店が増える中で、どのよう...
職場復帰

急に会社に行けなくなった時どうするか

 「朝から不安で会社に行けない!どうしよう…」  朝から会社に行けず自身がどうすればよいか分からないケースは少なくありません。調子が悪い兆候を相談できる上司や職場環境ならよいのですが、職場の雰囲気が悪く誰にも相談できない場合...
職場復帰

通勤訓練の注意

 職場復帰準備に通勤訓練を課すことがあります。  現在コロナの爆発状態であるため、全例で行うわけではなく、ケースを絞って通勤訓練を行います。  通勤訓練は業務ではないため、自費でかつ通勤災害などの対象外となってしまうため、本人...
産業保健

救急要請の判断に必要な既往歴情報

 職場で若い人が倒れました。救急車を呼びますか?  メンタルヘルスの教育が進む中で、パニック発作や自律神経症状が多いのでは、とつい疑いたくなるときもあります。  若い人で既往に自律神経症状がある時にはそちらの症状を疑い、救急車...
産業保健

ファイターズにみる組織管理の仕方

 トンボの舞う10月、マリンスタジアムの秋風に吹かれながら、数少ないファンで三塁側からグラウンドを見守っていた。生ビールのお代わりを求め友人は階段から転落し、試合の勝敗すら覚えていなかった。  日本ハムファイターズは東京ドームを本拠...
産業保健

感染や濃厚接触での就業制限と注意点

 第5波に入り感染者数が激増する中で、いつから復帰させるか、どうやって復帰させるかの議論が職場からくることがあります。むやみに就業制限をかけると有給であればまだよいですが無給の場合はトラブルになるケースが出そうです。 療養施設退所や...
産業保健

採用面接する側からの中途採用の考え方

 一番長くいた職場では産業医の他に保健師採用の面接に立ち会うことがありました。  医師は初期研修を受けてから別の職場を探すので中途採用ばかりです。医師は癖がある人間が多いのは自分も含め重々承知しているのですが、中途採用面談は...
産業保健

コロナウイルスによる業務への影響

 一般の従業員の方はコロナにより職場環境の改善や悪化を認めるようになりました。景気の良しあしも業界により異なり、不景気な業界は逆に職場環境改善やリモートワーク整備を行い、好業績の企業はリモート化をする余裕がなく、アフターコロナへ動くと景気...
職場復帰

双極性障害の就業判断

 双極性障害は復帰支援が一癖ある場合も少なくありません。  内因性であればなおさら難しく、環境を調整しても「意気込んでやる」「エネルギーが乏しく休んでしまう」といったことを繰り返してしまいます。 薬物療法  事例として問...
タイトルとURLをコピーしました