2019-08

産業保健

「馴れ合い」の善し悪し

 ストレスチェック義務化から3年経過し、どの企業においてもデータは蓄積されてきている。その中で傾向は見えてくるか。  大規模の本社と中小規模の支社をもつ場合、たいていは規模の小さい支社のスコアが悪くなる。なぜこういう傾向になるかは、...
読書

つながりから考える薬物依存症

 薬物依存について、公衆衛生や教育の観点、効果的な外部講師の活用など、「自分が集団にできるのは何か」を考えさせられた一冊である。  私自身も病院・職場・保健センターなどで心理教育の担当を行っていたが、「内容はお任せします」の時もあり...
精神科

「悪くなる」ことを恐れない

 休職が3-6カ月ほどすると、多くのケースでは感情的には落ち着いてくることが多い。身の回りのことができているケースが多く、外出がほとんどできなくても「ゴール」としてしまうことも少なくない。  精神状態の回復には波があり「一喜一憂しな...
精神科

介護力・支援力と精神疾患

 「酒でどうしようもなくなったから、入院させることはできないのか」  この意見は、飲酒問題で影響が出たときに家族や支援者が「どうにもならない」から出てくる言葉である。精神疾患でも家族が「抱えられない」ときに同様の発言が出てくる。 ...
タイトルとURLをコピーしました