2020-07

産業保健

在宅勤務の健康リスク

 感染症対策で在宅勤務を継続する場合、健康上のリスクが増加することも考えられます。4‐6月に在宅勤務を余儀なくされた企業では、以下のような意見が聞かれました。 「足がむくむ。1日2000歩も歩いていないんじゃないかな」 「太っ...
精神科

非定型精神病

 躁うつ病とも統合失調症ともいえるような言えないような、間くらいの経過をたどる非定型精神病の方は時折みかけます。この2つの疾患の他にてんかん性異常脳波の出現や家系内でのてんかんの負因の頻度が高く、てんかんとの関連もあります。  特徴...
産業保健

リハビリ出勤中の賃金の扱い

 最近の判例で、NHK名古屋放送局事件がリハビリ出勤中の賃金の扱いについて言及しています。  リハビリ出勤を行う企業では当該期間は無給、交通費なしとして扱うことがありますが、この扱いは一考しないといけないかもしれません。 賃金...
産業保健

パワハラと指導

 職場環境改善の一つに、パワーハラスメントへの対処があります。一人が問題を起こし、それをなだめすかすだけで指導が入らないと、被害者の不満が大きくなり職場が機能不全に陥ります。  パワハラ自体は労務管理の問題ですが、健康上不調者が出る...
精神科

診断を急がない方がよい場合

 診断は何のためにあるのでしょうか。診断がつく=治療方針を立てることにつながりますが、精神科の場合は診断自体が本人や治療者の一方にメリットがない事もあり、診断自体が本当に意味があるのか?ということを考えさせられることがあります。また、余計...
産業保健

在宅勤務・自宅待機の順番

 経済の再開をしないと会社の倒産危機に陥ってしまう中で、経済への影響を最小限にするには在宅勤務でできる業務は在宅へ移行しながら通常勤務を継続する。それができない場合は社員の安全確保のために、重症化する人を最小限にするにはどうすればよいでし...
産業保健

「仕事辞めます」と部下に言われたとき

 抑うつ状態での「仕事辞めます」は状態の悪さに伴う発言のため、引き止めなければなりませんが、抑うつ状態ではない場合は何を行えばよいか考えてみます。 やめる理由の真相は語らない  仕事を辞めるときには様々な理由を話されることが多...
ニュース

東日本大震災の支援を踏まえた2020避難所対策

 豪雨や台風がここ数日心配されています。新型コロナウイルスの影響下で、2019年10月のような台風が起きた場合はしばらく避難所生活を余儀なくされます。  いままでの感染症と同様の対策になるかもしれませんが、新しい生活様式を取り入れる...
職場復帰

職場復帰支援の解釈・実践

 休業者が復帰する際に、職場復帰支援の流れに沿って復帰を勧めていきます。企業によって産業保健スタッフがどこから入るか異なるようですが、最初から入る方が復帰条件などを整備しやすくなりますが、その分スタッフがある程度支援できる体制が必要になり...
ストレスチェック

ストレスチェックのスコアの考え方

 ストレスチェックは6月から11月に実施する企業が多いです。  ストレスチェックの考え方で、数値を気にされる方が多いですが、1点の差でどれだけの違いがあるのか、もしくは違いはまちまちなのか、スコアについての考え方を今回は取り上げます...
タイトルとURLをコピーしました