2020-10

ニュース

セクハラの労災認定

 金融系企業の事例で、セクハラで労災に認定された例です。  企業によってはされた側でなく、した側を守ろうとすることは時折聞かれますが、「なぜ私が被害を受けて移動しなくちゃいけないの?」という不満が変化していくかもしれません。...
精神科

今、眠れず苦しんでいる方へ

 「ただ、生きてほしい」  精神科外来をしていると、生きる意味は何か?どうやって生きていけばいいのか?といった人生の問題を一緒に考えることが少なくありません。  答えは自分で出していただきます。ただ、そこに向き合うだけの情報や...
産業保健

ハラスメントと無視

 アルコール使用障害と暴力との関連は多く、アルコールによる脱抑制の影響が大きいと思われます。アルコール使用者への対応を踏まえて、ハラスメントに対する対応を考えてみます。 ハラスメントとは  厚生労働省が出した定義は、以下のよう...
読書

生き直す 私は一人ではない

 覚せい剤による逮捕後、執行猶予期間が最近あけた高知東生さんの著作です。この本を読むと介護云々の話になっていた経緯、元妻への思い、自身を苦しめていた生い立ちなど、自身の気持ちに正直に書かれています。  依存症からの回復に必要なのは「...
産業保健

コロナ検査が微陽性?仕事ではどう対応するか

 「コロナ検査が微陽性と言われたんですけど、対応をどうすればいいんですか」  PCR検査を実施する人が以前より増えてきており、検査の問い合わせも増えています。その中で微陽性と言われた例はないので、実際にどのような扱いをすればよいか考...
精神科

保守的な職場、変化の多い職場

 保守的な職場と変化が多い職場、どちらの方がストレスが少ないでしょうか。  ストレスチェックで集団分析を行う中で、職場風土と個人の性格傾向が一致すればストレスが少ないものの、変化を好まない人たちが変化の多い職場に配属されるとストレス...
精神科

ベンゾジアゼピン系を使わない工夫

 処方でベンゾジアゼピン系の依存の問題を大学病院での講座で聴いて以降、15年以上代替の処方はないものか検討を繰り返し行っています。特に適応障害で処方したものが副作用で大ごとになってしまった場合は目も当てられなくなってしまいます。  ...
産業保健

ストレスチェック判定図と支援の仕方

 ストレスチェックの集団分析は努力義務とのことですが、個人情報が出せない中で集団の動きが数値でどうなっているか、そこからアプローチをどう考えるか、悩みどころです。  近年多くの職場では「人手が足りない」。そうなると<人を増やしてくだ...
精神科

クレプトマニア

 高知東生さんの執行猶予満了や、元タレントの飲酒運転など、物質使用障害の話題がニュースで多く挙げられていますが、嗜癖行動は犯罪と絡むことが多いため、非常に多くの方が悩まされます。周囲から見たら割に合わない万引き等も問題になります。 ...
内科

やせ薬を考える

 「やせるための薬はありますか」  人間楽が出来ればそれに乗っかりたい。その気持ちは分かりますが、副作用という罠に気をつけないと危険な状況になりかねません。 薬理作用でやせる可能性があるもの ・利尿薬 水分を排泄して体重...
タイトルとURLをコピーしました