Q リワークは短期間で終わるのがよいか

 休業中にリワークに行き、順調な経過をたどり無遅刻無欠席で修了する人もいれば、途中で行けなくなる、引きこもってしまう、トラブルになる方もいます。

 優等生で隙がなく終わるのは成績としては望ましいのですが、リワークは復職前のステップとして考えると、休んだり休業前の不調のサインが出ること自体は悪くないと考えます。そこでどう対処したか、具体的な対策を行って乗り越える方が復帰時の説明が詳しくなり「この症状が出た時はこうする」といったことが説明できるのでよいです。

会社は出席率だけで判断しない

 職場での人間関係等、会社側が感じる課題がリワークで出ていないと、リワークは問題ないが職場復帰の課題は残ったまま、という場合があります。

 課題が見えていないながら取り組めていないと、やるだけ無駄になりかねません。

 リワーク参加時から産業保健スタッフを交えて積極的に絡んでいくのが課題設定での齟齬がなくなると思われます。

 欠席すると、「自分の中で何が起きていたか」「何が不安か」を具体的に考えることになり、身体化が先行する場合でも言語化を促しやすくなります。

 順調にいってしまうと、介入の機会を逸することもあります。優等生で頑張ってしまう人ほど、リワークで逆に見つめなおす機会がなく過ごしてしまうこともあります。

会社側が困ることは率直に本人に伝える

 病態によっては職場内での興奮が起こった等、職場で受け入れがたい状態をきちんと伝えるべきかどうか、相談が来ます。

 リワークや復帰に向けては起きたことを「なかったこと」にはできません。本人がうやむやにすると、職場側も抵抗があります。状態の悪化による行動だとしても、本人に起きた問題はきちんと伝えて対策を練ってもらいます。

 会社側だけで動こうとすると、医学的見地が入らない中での対処になりかねず、会社側の請け負うリスクが大きくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました