三浦春馬さんの報道への意見

 三浦春馬さんの自死の報道が続いており、報道や週刊誌はトップニュースでどこも報道しています。

 三浦春馬さんの作品は私は見たことないですが、悪い噂を聞かなかったのでこれからも第一線で歩んでいくと思っておりました。ご冥福をお祈りいたします。

 今回のニュースで思うのは、誰からも印象の良い俳優さんであったために、後追いのようなことが起きなければ、というのが私の感想です。「亡くなった理由」を探すために報道で躍起になる、関係者各位に突撃取材を行う等、報道が過熱するほど後追いが増えそうです。今回の報道でも既に手段まで情報を伝えており、しばらくは医療・警察も緊張した状態が続くと思われます。

 残された方に対して、本人の真相を深堀するのが報道ではないと思います。理由を報道で推測するものではないです。亡くなった事実を報道した後はいつまでもずるずると報道するものではないです。

 明日が月曜日なので、報道がどのようになっていくのか、ワイドショーの扱いも非常に不安です。故人への敬意を払った報道をするかどうか、ネット情報で見ていきたいと思います。

過去の同様なケース

 過去の報道では岡田有希子さんの件では現場を報道する等詳細な報道をしたことも後追いを誘発したようです。

 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。報道はこの事件の経験から何を学んで明日以降の報道の扱いを決めていくのか。コロナ禍での社会の混乱を煽ることはしない報道をしていただきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました