おなかの調子には食物繊維だが…

 「おなかの調子をよくするために食物繊維を摂ろうと思って、大学いもをたくさん食べてたら、途中でおなかが張っちゃって…」

 上記のような、良かれと思い使ったもので調子が悪化する、という話は内科でも精神科でも少なくありません。

便通をよくするための生活改善

 一般的な生活指導は、どの科でも共通になりますが、以下のようになります。

  • 3食を規則正しく食べる
  • 食物繊維を含む食材、乳製品を摂る
  • 適度に運動、休養

 生活リズムが整うと、自律神経は余計なところで力を使わないのでおなかもリラックスした状態になります。食物繊維、乳製品は「古からの伝え」の通り、適度にとるのが良いとされます。運動、休養も適度に行うのがよいとされます。

食物繊維を含む食べ物

 食物繊維を多く含む食べ物は何でしょうか。

 全粒穀物、野菜類、豆類、海藻類、キノコ類が相当します。

 野菜だけで摂ろうとすると、レタスを煮ると量がかなり減ってしまうために多量に摂取する必要があります。また穀物は炭水化物を含むため、穀物だけで摂ろうとするとカロリー過多になるといったバランスが崩れます。

 一品だけで摂ろうとすると他の問題が生じる為、いろいろな食物から食物繊維をとるよう心掛けるのが良いです。

食物繊維飲料はなぜオレンジやピンクなのか

 食物繊維の話を外来でしていたら、自分も食物繊維飲料を飲みたくなり購入しました。だいたいオレンジからピンクのものが多いです。

 先駆者である大塚製薬のファイブミニは、発売当時のオレンジから2018年にリコピン色素を使ったピンクにしたようです。食物繊維自体は無色ですから、後から着色してあの色なんですね。無色のものが出ても今は売れそうな気がしますが…

 ファイバー飲料自体は糖類とのバランスを考えて飲む必要があり、カロリーゼロをうたうものは甘味料自体で下痢をすることがあるため、毎日1本と決めて飲むとバランスが崩れそうです。食事で摂るのをまずは考えましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました