自死報道は今後どうすればよいか

 女優の竹内結子さんが亡くなり、死因の推定をすることでネット上では話題になっています。報道では自死とされていますが、影響力のある方の自殺とみられるという報道は止めた方がよいです。うつからの回復期の人が、一連の自死報道で不安になる方が少なくありません。影響を受けやすい(被影響性)人は、今回の報道だけで関連行動に移すことがあり、報道から止めなければなりません。

 厚生労働省も最近の有名人の自死に関連してか、以下のPDFを出しています。

 メディア関係者の方へ

 以下のことを基礎知識として情報提供しています。

「やるべきでないこと」

▼報道を過度に繰り返さないこと
▼自殺に用いた手段について明確に表現しないこと
▼自殺が発生した現場や場所の詳細を伝えないこと
▼センセーショナルな見出しを使わないこと
▼写真、ビデオ映像、デジタルメディアへのリンクなどは用いないこと

 自殺に関連した報道で刺激や煽るようなことは避けなければなりません。報道は日本人の見方か敵か。以上のやるべきでないことを行って報道を名乗ってはいけません。影響を受けやすい人は同じ手段・場所を選ぶことがあり、亡くなったことだけを報道すればよいかと思います。部数や視聴率稼ぎのためにこのような事故を扱うのは報道姿勢を改めて考えてもらう必要がありそうです。

「やるべきこと」

▼有名人の自殺を報道する際には、特に注意すること
▼支援策や相談先について、正しい情報を提供すること
▼日常生活のストレス要因または自殺念慮への対処法や支援を受ける方法について報道すること
▼自殺と自殺対策についての正しい情報を報道すること

 支援策や相談先の紹介まで入れていただき、医療機関だけでなく使えるものは使うといった姿勢を表してもらいたいものです。

 ネットニュースではいのちの電話の連絡先がニュースの見えるところに置かれており、情報提供は最低限やるべきことです。

 一方、週刊誌の報道から死因を推定する・させる記事は問題があります。近所の人や親しい人の情報はあくまでその方々の思いであり、本人がどのような状態であったかはわかりません。亡くなった方への冒涜になります。

 また、産後うつではないか、という推測も飛び交っていますが、産後うつを誤解する人は夫や家族を平然と批判していきます。亡くなった家族の傷に塩を塗る行為になり、病気だったのかは誰にもわかりませんので疾病の推測は止めていただきたいです。

命をつなぐ連絡先

 いのちの電話が有名ですが、他にも下記のような連絡先が紹介されています。誰かにつながれば展開が変わる。命がつながればなんとかなる。迷っている時点で相談して何の問題もありません。

よりそいホットライン

都道府県別相談窓口

 芸能界で亡くなる人がこれまでの比になく多い印象を受けます。みんな生き方に苦しんでいます。できることを一緒に考える上で、まずは相談をしてみて下さい。

 通院しているのであれば医療機関、会社勤めであれば産業医も利用できます。できるもの、使いやすそうなところにかけてみるでよいと思います。楽に生きるために一緒に考えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました