課題の克服と表面的な取り繕い

 職場復帰に向けて、本当の課題が克服できて復帰になる場合と、表面的な回復だけで”取り繕い”回復し復帰となる場合がある。

 長期休養の際にリワークをすすめるのは、復帰への抵抗を減らす、体力の回復の他に、本当に調子が悪くなった原因を、職場や産業保健スタッフには言えなくても整理して戻ってきてもらいたいからだ。

 職場配置で解決できることは殆どない。小規模職場をみていると「そんな職場配慮をできる会社の余裕はない」と言われることが多い。大企業では配置転換の選択肢があるが、本人の意向通りが会社や本人にとってプラスになるか、の観点は慎重に検討した方がよい。本人が診断書を出すことによって、課題から逃げることを覚えてしまうと次に同様のことが起きたときにまた同じ手段を使うことになる。

 職場配置転換を頻繁に行うと、技術が成熟しないため、転職できる力もなく会社に留まる以外の選択肢がなくなってしまう。本人のモチベーションが高ければよいが、周囲に不満を言い自己洞察を避けるタイプは自己成長への意欲も乏しくなりやすい。

 パワハラ等の問題ではないのに産業保健スタッフから異動を提案するケースも見られるようだが、そのメリットとデメリットは受け入れ職場で確認する方がよい。心機一転が理由ではうまくいくケースが殆どないからだ。以前に「産業医の言う事を聞いて人事は振り回された」との愚痴を他の職場の方から聞かされたことがある。

 自分の考え方を見直すことで、現在の職場で自分ができることを見つめなおすことができる。ただ「職場が嫌だ」は誰でも言える。どんな仕事が適正がありそうで、その仕事に入るまでにどんなスキルをつけていくか。休職に入り回復してきたのだから、異動以外の選択肢もじっくり考えて戻っても遅くないのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました