SGLT2阻害薬

 糖尿病に対して腎臓での糖の再吸収を阻害し、糖を尿中に排泄させて血糖値を硬化させます。

作用機序

 腎臓での糖の再吸収にはSGLT2とSGLT1が作用しています。

 SGLT2を選択的に阻害することで、SGLT1による糖の再吸収は阻害されないため、低血糖を起こしにくいとされています。

 血糖値低下の他、体重減少、降圧、尿酸値低下、脂肪肝抑制、心不全悪化抑制、腎保護など多岐にわたる効果、影響が期待されます。

 グルコースと一緒にナトリウムの再吸収を抑制することにより、ナトリウム利尿や浸透圧利尿が起こり、血圧低下や心臓前負荷・後負荷の軽減をもたらすと考えられます。

適応疾患

  • 脂肪肝やNASHを合併している状態や肥満を有する場合 
  • 1剤目で空腹時血糖が改善しない場合
  • 教科インスリン療法からの離脱
  • 心不全合併

副作用

  • 尿路・性器感染症 : 尿に糖が排泄されることにより感染のリスクが生じます。
  • 脱水・頻尿 : 尿に糖が出る影響で、糖と一緒に水分も多く排泄され、脱水や尿の回数が増えます。水分を服用開始前より500-1,000ml以上多く飲むようにします。

生活での注意点

  • 筋肉量が落ちるため、運動をするようにします。
  • シックデイには休薬します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました