「心機一転やり直す」復帰への配慮

 「心機一転新たな気持ちで復帰に臨みます」

 職場復帰の際に新たな気持ちで復帰する、ということは気持ちの上では新たなスタートラインに立つ、ということではいい面もあります。

 ただし、休んだこととその理由については触れないでほしい、という場合は復帰をさせるか否か悩ましいところです。休業期間の残りがあるのであれば、なぜ調子を崩したか、再度の休職をどのように防ぐかを考えてもらいます。

 職場としては頑張ってもらいたいから配慮は行います。ただ、振り返りで何が問題だったか明確でないと、人間関係であれば距離を取る、仕事のミスがきっかけであればミスが起きた時にどのように対応するのか、考えていく必要があります。

 振り返るのが怖いということであれば、職場に対する抵抗があるのかないのか不明であり、復帰に対して物言いがつくことも多いです。産業医の時もあれば職場から待ったがかかることもあります。異動が必須の場合であっても、原因と再発防止策を自身である程度整理していないと、職場としても対応や対策に困ってしまいます。

 主治医から振り返りをしないほうがよい、という意見が出ることもありますが、振り返りによって再発の懸念があるということであれば、復帰を見送るのが会社から見た意見になります。再発を起こす可能性はゼロでないのは承知ですが、会社としては安全配慮義務の観点から働かせない、というような舵切りを行うことも想定されます。

 「すべてを無にしてリスタート」という復帰の時の発言は、会社からは難色を示されることがあります。休業をどう生かすか、病気休暇の時は特に次に生かすことが復帰の時の要点になります。

 会社としてもできる限りの配慮は検討したい。そのための振り返りなので、ダメもとでも提案・意見することが自身の復帰しやすさに影響します。大変ですが、振り返りを行っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました