グリコピア・イースト

 コロナで感染対策を十分に行ったうえで工場見学を実施している、埼玉県北本市にあるグリコピア・イーストを見学しました。プリッツやポッキーの工場です。

 大型トラックが走り輸送の動脈になっている国道16号を少し入ったところに工場はあります。

 入口の前にはグリコワゴンが止まっています。ドアのところにはパピコがあしらわれています。店ではグリコワゴンのトミカも販売しています。

1階で映像を見た後、見学ルートに行きます。1階は世界各国で生産されているポッキーなどが展示されています。昔はグリコを購入したら映画が映し出され、時間終了後にグリコが取り出せる仕組みになっています。感染対策なのか、コインを入れるのは係員の方がデモを行いました。

 GLAYのコンサートで使用したギターも展示されています。

 ポッキー製造過程では、フロアに下りるとチョコレートの甘い香りがします。お腹が減ってくる中で、包装されるところからラインをさかのぼって見学します。チョコレートのコーティングは企業秘密で、映像のみを覗いています。

 エレベーターを移動し、今度はプリッツの製造過程です。45mの長いオーブンを抜けてプリッツが焼きあがります。チョコレートとは異なる小麦粉の焼けたいい香りがします。

 最後にスタジアムで見学者が早押しクイズに参加します。問題数はプールされた50問のうち、7問が出題されるようです。スタジアムへの移動の時に係の方が例題を出してくれました(その問題は今回出ませんでした)。正解数だけでなく、回答までの時間で順位が決まります。ボタン押すのは1回だけ、とはじめに案内されますが、つい白熱して連打してしまいます。お父さんお母さんも負けてられません。

 優勝者には商品が出ます。子供が勝ったため、今回はトマトプリッツファミリーパックをもらいました。

 最後にお土産をもらい終了です。グリコピアイーストの写真が載せられた緑のプリッツと、お祭りの屋台でもらうようなポッキーの風船をもらいました。

 売店は外にあるので、そこで買い物をして終了です。売店は人がにぎわうので混んでいますが、焼きショコラのビスコやパピコのホワイトサワーと濃い味の両方を売っており、何をお土産に買って帰るか悩んでしまいます。

 アンケートやwith glicoの登録をすればビスコやアーモンド効果をいただけます。

 トイレはやはりグリコマークです。グリコのトイレにはTOTOの陶器が使われており、きれいな空間でした。

 今は有料体験はやっていないようですが、これだけでも十分楽しめます。魅せる工場見学として面白い場所でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました