休職を繰り返す場合の問題

 休職を繰り返すときに、主治医と状態像の評価を何度もやり取りすることがある。

 状態の悪化であれば、治療による改善の可能性を探る。これが一番簡単な問題解決法であるが、そううまくいかない事が多い。

 休みを繰り返すと「今度こそは」と無理に気負って過剰適応になってしまうことや、「どうせ俺なんて」と自己評価が下がった状態でいることが問題になる。また、周囲から「また休むんでしょ」と思われると大事な仕事を任されなくなる。本人はそれで割り切れても空気の悪さを感じると、職場に居づらくなり再休職になってしまう。

 休み方に関して厳しく接する場合もある。「休みがこれだけ多いと課長も仕事を振れない」と、実際に困る旨を伝えた上で、どうするかを本人に決めてもらう。後がない、と感じて行動変容を起こすこともある。

 休むと配置転換の受取先が少なくなると思われるが、キャリアプランの再考も再発対策の一部である。ただし、その後の行き先がなくなることもあるので、中長期のプランも一緒に考えることになる。

 若い方の場合は技術が積み重ならないので、ITの専門職は難しいかもしれない。総合職や他者の支援業務になりそうである。休みはじめの原因にもよるが、対人調整が苦手でなければ複数人体制で行う営業職か、など休んだ場合でも業務が止まることのない状況にしたうえでの配置を検討する。アルコールの場合は客先とのやり取りで再飲酒をすることもあることは念頭に入れておく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました